2008年7月3日木曜日

特定健康診査(メタボ検診)に行ってきました

健康保険組合から特定健康診査(メタボ検診)の案内が来ていたので、近所の病院に予約を取って検診に行ってきました。


特定健康診査(メタボ検診)なんていう仰々しい名前が付いていますが、何か特別な検査をする訳ではありません。特定健康診査(メタボ検診)の検査項目は、、、


■質問票(服薬歴、喫煙歴など)
■身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
■理学的検査(身体診察)
■血圧測定
■血液検査(脂質検査、血糖検査、肝機能検査)
■検尿
■その他、医師が必要だと認めた場合は、心電図検査、眼底検査、貧血検査)


などがあげられます。


予約していた病院に行き、受診票と健康保険証を出して受付を済ませたら、すぐに呼ばれて検査が始まりました。


まずは、検尿から始まって、身体計測、採血などのあと、医師による問診があります。聴診器で心音や呼吸の音を調べたあと、ベッドに横になってお腹の触診がありました。触診の時、くすぐったくて、笑いをこらえるのに必死でした。


心音を調べた時に、雑音が聞こえるとのことで、当初の予定にはなかった心電図検査をしました。


検査全体としては1時間ちょっと。予想よりも速く終わりました。検査費用は健康保険組合持ち。これだけの検査を自己負担無しでやってくれるのは有り難いです。


検査結果も数日で出ました。気になる検査結果は、、、


すべて異常なし!


血液検査の結果もすべて正常値の範囲内。メタボの兆候はまったくなく、極めて健康体ということでした。心音の異常も一時的なもので問題ないとのことでした。ただ、体重が少し増加傾向にあるので、今後の長期的対策としては、体重を減らす方向で考えて下さい、とのことでした。


まずはひと安心。これからも健康に気を配って、元気で頑張ろうと思います。